『 からだコーチング養成講座 』

☝からだの遣い方のプロフェッショナルを育てる

├整体セラピスト パーソナルトレーナー 育成講座

今の技術から「オリジナルプログラム商品サービス」を構築してマネタイズ


“セラピストも自ら動ける体となる”

“触れるのではなくてコネクトしていく施術”

“時制から観ていく診断”

“実体あるイメージから予後のストーリーをアシスト”

“実践的な改善から納得感を評価する基準に”

 

『からだの取り説』という新たな経験することから真のスタンダードを身を以て実感していくワークショップ!

 

普通に身体の操作が出来て、ご自身のオリジナルなメソッド構築へと繋げていく!

例えば、整体セラピストの方々から運動指導者の筋トレやストレッチなどを身に付けてクライアントの健康管理も行いたい…という声を聞きます。

 

施術において、あらゆる角度からの見方と現実的適切なアプローチは必要です。

そこでリハビリ、整体、各種矯正、ストレッチ、マッサージ、はたまた癒し系など専門分野の良さはありますが…

 

ポイントは運動指導者であるなら何ができるのか?

整体セラピストならば何ができるのか?

 

手技のスキルアップという現時点でないものにフォーカスしないで、整体セラピストという職種があることを再認識して施術の経験を糧にすることなんです!

 

それから運動においてハイパフォーマンスを作り上げていく指導方法や効かせるための筋トレにおいてのパワートレーニングより、最初にすべきことは『からだの使い方』なんです!

 

また知識や手技のスキルがなくても体に接するケアは『からだの使い方』によって施術の意味が分かるようになっていきます。

 

健康をビジネスにしている人の最大の問題点もココが原点なんです

 

おそらく、これからも増え続けるパーソナルトレーナーや整体セラピストそして既に経営者としての活動されている方たちが陥るジレンマとして…

 

✔️クライアントさんに納得される結果をだせてない

✔️学び続けなくてはならない事情でノウハウだけが増えアウトプットできていないことに気づいてしまった

 

そこで、解決策として経験値がない状況からでもゼロから身体の仕組みが分かる【体と心の整え方】をお伝えしてます。

 

もしパーソナルトレーニングや整体の施術やストレッチを受けみて、一般の人でも「同じようにトレーナーやセラピストになりたい」と興味があれば『からだの使い方』は一生の武器となります!

 

 自分自身の体を変えながら身近な人にも『からだの価値』が伝えられますように。。

○整体セラピスト、パーソナルトレーナーのキャリアプロデュース

「オリジナルコンテンツの作り方」

新しい知識やテクニックを手に入れたら…さてどうなるか?

 

「また新たなやり方を求めてしまう」

 

学びたいという…すき間を埋めることの

繰り返しを続けてしまう


○既存サービスをバージョンアップ

商品を完成させていくコンテンツメイキング

個性や能力、今まで勉強してきた知識とディプロマ取得から、あなたの経験をフル活用!

セラピストの手技・サロン主宰・パーソナルトレーナーなど体に携わるすべてのプロが学べる『オリジナルメソッド

構築方法‼︎』


生涯学び続けるのではなく…

『実践さえすれば今のままの手技から独自のメニュー作成は

カンタンに仕上がる 』

整体セラピストやパーソナルトレーナーのための

オリジナルメソッドを完成させていく方法をお伝えします!

[講座内容]
・座学 体のつかい方
・実技 ボディワークで理解を深める

「メンタルに適応させた体の操作法」
「マンツーマンレッスンでの強力サポート」

・概要
全10回 15日間を1クール
場所 都内
※本講座は施術経験やトレーナー指導のある方が対象です  

・特典
▷期間中オンラインサポート 
▷特別補講による一月分無料レッスン
▷健康器具キットのプレゼント
 

★本講座で得られるこんな効果!!

  • 他の人とは遥かに違う手技で差別化
  • しっかりとしたスキルを習得し売上成果に繋げていく
  • 細かい技術がいらない理由がある
  • 既存のアプローチは限定された範囲の結果のみにしか効果がないという事実
  • 確かな専門性ポジションを築き信用信頼を高める
  • アスリートレベルの体のコアを自らも体感できリアリティな体幹がわかる
  • 理想のクライアントを顧客に持ち仕事に負荷がかからなくなる
  • クライアントの悩みや不安にマッチした引出しの数が沢山あり個別対応したプログラムを提供できる
  • 手指や腰の負担を避けて疲れない施術を身に付ける
  • ネット、SNSなどの選び方と使い方による継続率とブランディング
  • 生き生きビジネスモデルを築く